本日ご紹介する方は、将来田舎生活を考えている「みみー」さん

1461147445885

みみーさん

都内で農業にチャレンジ。思い立ったら行動の性格の持ち主で、将来は田舎生活を目標にする女性。

宮城県出身のみみーさん。

11年前に上京し、プログラマー職や派遣の仕事をしていました。

そんな中、自身の人生を見つめ直す出来事があり、将来「田舎で仕事」がしたいと考えるようになっていきました。

それでも、ただ田舎に移り仕事をする事が、みみーさんの働き方ではありません。

 

みみーさんのこだわりは、『パラレルキャリア』で働くこと

*パラレルキャリア(parallel career)とは…

 軸足は本業の会社におき、社外活動や何らかの形で本業に結びつけることを意識し、

 社外との関わりを作ること

そのため

「田舎でも1つの仕事にこだわらず、色々な事にチャレンジしていきたいです。」

このような想いを持ったみみーさんが将来のための準備として行っていることとは?

(1)現場に足を運ぶ

瀬戸さん記事画像01

まず、みみーさんは総務省が行う村起こしのプロジェクトに参加し「現場」に向かいました。

そこで、1年間東北で田舎暮らしを体験しながら、地域の経済活動に協力をされました。

この1年で田舎で生活するためには、何が必要か?を少し感じ取れました。」と話すみみーさん。

(2)自分の手でやってみる

東京に戻ってきたみみーさん。

思い立ったらすぐ「行動」の性格を武器に、ライターとして働く傍ら

 

区民農園を借りて、自分で農業を始めました

最初に作ろうと思った野菜は、ジャガイモ!! 

なんと理由は「ジャガイモが好きだから」とシンプルかつ明確でした。

瀬戸さん記事画像02

それでも日々困ることがあるそうです。

「忙しい時、ジャガイモに水やりが出来ない日があります。」

「畑を耕やすお手伝さんがいると助かる。」

まだまだ始めたばかりで様々な課題はあります。

それでも着実に歩み出してることは事実。

プログラマー、派遣、ライター、野菜作りなど多様な経験をしているみみーさん。

次は、何を作りどんな活動をされるのかとても楽しみな、みみーさんでした。

 

>>みみーさんも利用する困った時のサービスとは…

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう