年々盛り上がりを見せるハロウィン。
普段は着ないような衣装で、非日常感を味わうのは楽しいものですよね。

コスチュームに合わせたハロウィンメイクの簡単テクニックを、メイクアップアーティストの関由希子さんに聞いてみました。

image-04-10-16-12-02_fotor

関 由希子さん

ヘア&メイクアップアーティスト

1985年生まれ。千葉県市原市出身。ヘア&メイク歴10年。成人式などのお祝い事や、TV、舞台、LIVE、イベント、写真スタジオなど、様々な現場で活動中。

つけまつげの接着のりを使って傷メイクをする

オススメは、舞台用のメイク道具を扱う光喜の付けまつげ用接着剤。
アマゾンなどで手軽に買えます。

%e3%81%a4%e3%81%91%e3%81%be%e3%81%a4%e3%81%91%e3%82%99

傷を付けたい場所にこれを薄く塗って少し乾かします。
その後、指でひっかいて傷のように後をつければ下地は完成です。
乾く前にティッシュペーパーをつけても雰囲気がでますね。

100均のメイク道具を活用

ハロウィン感を演出する血を、赤いグロスや口紅でつけていきます。
100均などで手に入るものでOK!
ポイントは「真っ赤」の色を選ぶことです。
赤口紅は血をイメージ。グロスはツヤ感を出すために口紅にプラスで使います!

アイメイクは大胆に

アイメイクはいつもよりしっかりしましょう。
アイラインを太めに引くことが重要です。
青っぽいアイシャドウをまぶたに塗れば、青あざっぽくなります。
また赤シャドウとプラスで使うとより、リアル感がでます。

%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%af

いかがでしたか?
身近にあるものをフル活用して、メイクでもハロウィンを楽しんでみましょう。

エニタイムズで関さんの特殊メイクを販売中

関さんの前回の記事はこちらから!〜ドレスの専門学校でメイクに出会う〜

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう