最近は、働き方が変わりつつある中で、好きな事を仕事にする人が増えていますね。でも好きな仕事=必ず楽しいわけではありません。

今回、ご紹介する東城さんの体験や考え方は、これから好きな事を仕事にしたい!と思っている方へぜひとも知ってほしい内容です。

東城 真利子 さん

ポーセラーツ、カルトナージュの先生

大阪に在住。営業職やIT企業に勤め、数年前にポーセラーツに出会いサロンを開業(ポーセラーツ&カルトナージュ教室ローズコラーユ)。高い技術と、丁寧なレッスンが受けられると、全国から生徒が集まる話題のサロンに。その過程でライフワークバランスを考え、自分自身の働き方を確立されている。

楽しいから好き

私がポーセラーツに出会ったのは2011年7月です。出会った瞬間、「なんてかわいい食器なの」と心を奪われた事を覚えています。今まで、ものづくりなんて殆どしたことがなかった私ですが、その時はすぐにポーセラーツの教室に通いましたね。とにかく作ることが楽しくて、作ったお皿やコップに囲まれた生活も嬉しかったのです。

その後、好きな事を仕事に出来たらどんなにいいだろう。家庭と両立できるやりがいのある仕事、それを胸に自宅サロン開業に踏み切ったんです。

東城さんの教室の様子

好きで始めたのに、いつの間にか仕事に

ポーセラーツのブームと重なり、またITスキルも功を奏し、集客は順調でした。すぐに資格が欲しい方や体験してみたい方、本気で学びたい方など様々でしたが、どんな生徒も受け入れ、開催頻度を増やし、忙しくなる毎日に充実感を覚えていました。

しかし忙しくなればなるほど、心の余裕は無くなっていき、好きで始めたのに、いつの間にか、ただの「仕事」に変わっていたのです。

そして仕事になると、些細な事も気になってしまうんですね。例えば、生徒さんのキャンセルに一喜一憂したり、メールの内容に敏感になったりと。小さなこともストレスになって、ポーセラーツを楽しんで教える事が出来なくなっていきました。

 

初心を忘れない

それから、何度も「私が本当にしたかった事は?」と自分を見つめ直しました。そして、出た答えが「ポーセラーツを純粋に楽しみながら教室を開きたい」という初心の気持ちでした。それに気づいてからは、3つの事を変えたんです。

 

1つ目は、集客にこだわらない事です。楽しさや私ができる事を伝えるだけでいい。集客を意識して、自分を売り込むから「仕事」になってしまうんだと気がつきました。

 

2つ目は、自分の教室のコンセプトに合わない方は断る勇気を持つ事です。ポーセラーツを深く学んでいきたい!と考えている方を中心に教えたいので、ただ資格がほしいいだけの人や趣味程度の人には、他のサロンを紹介したり、お断りをしていきました。

 

3つ目は、レッスン頻度は週3回程度と決めて、無理のない範囲でレッスンをするようにしています。レッスンも満席になりやすく、予約が取りにくい状況ですが、本当に来たい方だけ来てくれたらいいと考えるようになりました。

 

これらを徹底する事で、理想の生徒さんと好きな人とポーセラーツを楽しめるようになり、自身のライフワークバランスが整いました。

私も経験しましたが、サロン開業者の多くは集客にこだわり過ぎて、好きで始めた頃の気持ちを忘れがちです。

これは誰もがぶつかる壁です。早くここを乗り越えて、好きな事を楽しんで、好きのまま仕事にして欲しいです。サロンは自分が楽しまないと生徒さんも楽しんでもらえません。
 
楽しいところに人が集まるんです。結局はそれが一番の集客になるのです。
 

エニタイムズでも、こう言ったサロン開業者の方に、私の経験を伝えられたらと思っています。

東城さんに自宅サロンについて相談してみよう!

 

こちらもチェック↓

東城さんが運営するサロン開業者の応援ブログ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう