子供が生まれると次に考えてしまうのが習い事です。子供の可能性に対して、親は過剰な期待を寄せてしまいます。
自分の
子供にどのような才能があるか未知数な為、手当たり次第に習い事を勧める親も多いでしょう。

一概に間違ってるとは言いません。

でもせっかくなら、お互いが納得した上で楽しく習い事をしたいものです。子供が嬉しそうに習い事に出かけて

ゆく後ろ姿を親として、しっかり見送りたいものです。

【1】小さい時の興味範囲に鍵がある

子供

自分の子供にどの分野の適性があるのか、親としては頭を抱えるところです。小さな時に見せる小さな才能の種を見逃さずによくよく子供を観察していると、習い事への鍵が隠されているものです。

小さな子供の興味は馬鹿にできたものではないのです。

例えば、お絵かきが好きな子供なら迷わず幼児向けの絵画教室を習い事として選べばいいし、ちょこちょこ動いていて落ち着きがない子供なら、体操教室が合うのかもしれません。

このように小さなうちから才能の兆しが見え隠れするものです。

その兆しに敏感になること、そうすれば見えてくるものが必ずあります。

私心を捨てて見つめてみることが重要なことです。

【2】文系か理系かそれとも体育会系か

サッカー

子供が大きくなり小学生になると、個性がはっきりしてきます。

ここが一番わかりやすい時期です。明確に自分の子供に何が合っているのかわかるようになります。

読書好きで、物語を創造するような子供なら国語の能力を伸ばす塾などいいかもしれないですし、実験や数字に強い子なら理系に秀でた塾に入れて東大を目指すのもいいです。

運動の能力が長けていたら、子供の好きなスポーツを習い事としてやらせてあげたらいいと思います。

周囲の様子を見ながら他のお子さんと歩調を合わせてゆくのも大切です。

やりすぎないように平均的な時間で習い事をするようにしましょう。

【3】慌てなくても子供が教えてくれる

子供

しかし、慌てる必要はありません。親があれこれ子供の習い事に気を揉んでも、やる気がなければその習い事は続きません。

子供が好きだと思える長く続けられるものしか残りません。

たくさんの習い事をさせても結局子供の手によって淘汰させられてしまいます。

早い段階から子供に何がやりたいのか直接聞いてみることが早道です。

子供が心からやりたいと思えることにじつは、最良の道があります。

諺にも好きこそものの上手なれという言葉があるように、好きなものならばいくらでも継続してやれるのです。

まとめ

子供が生まれると親は過分な期待を抱いてしまいます。

自分より優秀であってほしいと思ったり、自分より成功して欲しいと思うのが親心です。

しかし子供が自分の顕示欲を満たすための道具であってはいけません。

子供本位に習い事を選んであげてこそ親として尊敬されて愛されるのです。

子供対するに期待が自分の為でないか自問自答したあとに、まっさらな気持ちで子供の習い事にアプローチしてみれば、意外とすんなりと答えが導きだせると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう