毎日の洗い物を扱う場所、お台所のシンク。

食べ物を扱う場所ですから不衛生であってはなりませんし、なにより汚れていると気持ち悪いですよね。

でも、汚れやすいし落とすのに時間と手間がかかってしまう。

今回は、そんなシンクの簡単な掃除方法をお伝えしたいと思います。

【1】小物は徹底的に動かして掃除をしよう

小物

シンクは洗ったものを乾かすための金網、洗剤やスポンジを置くためのカゴ、包丁置きなど便利に作業するための小物がたくさん置いてあると思います。

そういったものは全て別の邪魔にならない場所に動かしてしまいましょう。

動かさないで掃除をすると、そこだけいつまでも掃除をされないので汚れがドンドン溜まっていきます。

動かせるものは全て動かしてしまうのがお掃除のコツです。

【2】シンクは洗剤2種類とクリームクレンザー

シンク

シンクの掃除で使う洗剤。

台所用洗剤ともう二種類、酸性洗剤とクリームクレンザーを用意しておくと落とせない汚れはなくなります。

洗い物をする時に必ず水を流しますよね?

実は水の中には金属分が含まれておりまして、いわゆる水垢は酸性洗剤でなければ落としにくいのです。

まず水を流して、シンク全体を濡らして下さい。

こうすることで洗剤の伸びがよくなります。

その次は台所用洗剤で普通にスポンジ洗い。

すすいでしまうと、落ちない汚れが残っていることがわかると思います。

そうしたら、次は酸性洗剤で同じように全体をスポンジ洗い。

水が残りやすい場所、排水口まわりや蛇口の根元辺りがポイントです。

すすぎ洗いをしてみて、どうしても落ちない場所だけクリームクレンザーを使ってください。

これは表面を削る作業になるので、あまり強い力で擦らず、水を加えながら優しく撫でるだけで落ちると思います。

【3】排水口が一番大事

排水口

最後にシンクの排水口を掃除するのですが、ここが一番汚れています。

バイ菌も繁殖していますので、必ず手袋をしてください。

手間はかかりますが、こちらも台所用洗剤と酸性洗剤で二度洗いしてしまえば、ヌメリや水垢は取れてしまうはずです。

ヌメリはバイ菌が身を守るために出しているバイオフィルムという物質で、台所用洗剤でも取れますが、酸性洗剤にはてきめん弱いのです。プラスチック部品ですから、こちらはクリームクレンザーは使用しないでください。

最後に全体をすすぎ洗いし、空拭きしてしまえば完成です。

まとめ

お台所のシンク掃除、いかがだったでしょうか?

酸性洗剤とクリームクレンザーはスーパーでもホームセンターでも扱っていますので、簡単に入手できるものです。

台所用洗剤と銘打ってはいますが、とりやすいのは皿についた油汚れで、シンクにくっつく汚れの中には掃除できない汚れも含まれています。

わずか2種類、洗剤を追加するだけで新品のようにきれいにすることができますので、ぜひ挑戦してみてください。

【関連記事】

【掃除熟練者が教える】ほこりを徹底的に除去する方法!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう