[美味しい牛丼の作り方(食材の準備)]

玉ねぎ

美味しい牛丼の作り方(1人分)をご紹介します。牛丼チェーンで食べるような一般的な味の美味しい牛丼を作るには、食材と調理器具を事前にしっかり準備します。

キッチンも清潔に片付けておくとバッチリですね。

牛丼の食材の購入は、予算に応じてお肉屋さんや八百屋さん、デパートの食品コーナーなどで質のよい高級品を手に入れるか、あるいは近所のスーパーの安売りタイムを狙うなど、いろいろな手段があります。

どこで購入するにしても、新鮮なものを購入することは大切なことです。

普通に牛丼を美味しくつくるための材料としては、牛肉、たまねぎ、調味料、そしてごはんです。

牛丼のつけあわせのお漬物やお味噌汁の材料も一緒に確保しておきたいところです。

一人分の具の材料は、たまねぎ(中1個)、牛肉薄切り(200グラム)、ごはん1杯でしょうか。美味しい牛丼を食べるには、肉の質が重要です。国産の霜降り肉など、柔らかいお肉を入手できたらとても美味しい牛丼になりますね。

[美味しい牛丼の簡単な作り方の手順(初級編)]

牛丼

料理がそれほど得意でないという方は、牛丼の調味料に「めんつゆ」などを使う作り方が簡単で時間もかからずに美味しいものが作れてよいでしょう。

ある程度料理の心得がある方は、醤油、みりん、砂糖、を使って自分で好みの味付けにすることが可能です。

牛丼の具ができたらすぐに食べることができるように、ごはんはあらかじめ炊いておき、お味噌汁も作っておきましょう。

材料がそろったら、食べやすいサイズにたまねぎをカットしましょう。

皮をむいて、半分にカットし、芯をとりのぞき、スライスします。

厚くも薄くもなりすぎないようにスライスすると美味しい牛丼になります。

牛肉は薄切りのものを食べやすいサイズにカットします。

めんつゆを利用してお手軽に作る場合は、なべにめんつゆ(50ml)を入れ、水を適量(つゆの2~3倍程度)入れます。

煮立ったらたまねぎ、牛肉の順で入れ火を通します。

あまり煮えすぎないように、たまねぎも柔らかくなりすぎないように、牛肉も火が通り過ぎて硬くならないうちに、火を止めて、丼にもったご飯のうえに具材とつゆをかけてできあがりです。

材料の準備から盛り付けまで、10分もかからずに美味しい牛丼を食べられる簡単な作り方の手順でした。

好みに応じて、紅しょうが、七味等のトッピングをしてお召し上がりください。

[美味しい牛丼の作り方(上級編)]

料理

一方、牛丼にめんつゆ等を利用せずに、自分で味付けをしたいというある程度料理の心得のある方の作り方の場合は、つゆの材料としては、砂糖、醤油、みりんを準備しておくとよいでしょう。

小鍋に砂糖(大匙1杯)、醤油(大匙3~4杯)、水(200ミリリットル)を入れて沸騰させ、みりん(大匙1杯)も入れ、再度沸騰させます。そこに玉ねぎ、牛肉を入れて火を通します。

煮過ぎないように気をつけて(時間としては、2分程度まで)、火が通ったら、ごはんに具材を乗せ、つゆをかけていきます。

自分でつゆを作る作り方では、甘みや塩気等を自分の好みに合わせて調整が可能ですので、自分にとって美味しい牛丼を作ることが可能です。

丼物用の深めの器に入れて見た目もよく盛り付けたいものです。

牛丼はどちらかというとやわらかい食感ですので、付け合せのお漬物は硬いものが合いますし、お味噌汁も塩気が利いていると牛丼もより美味しく感じることができるでしょう。

まとめ

以上、美味しい牛丼の作り方をご紹介しました。簡単な作り方でも有名チェーン店と同じくらいか、それ以上の美味しい牛丼を自宅でも食べることができるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう