外は「カリッカリッ」中は「トロットロッ」美味しい~たこ焼き。

まるでたこ焼き屋さんのような美味しい味がご家庭で簡単にできるとしたら、たこやきを作ってみたくなりませんか?

何も特別な材料なんていりません!この作り方で作れば美味しいたこ焼きのできあがり。

実は、具もトッピングも自分流にアレンジできるから、たこ焼きと呼ぶのがもったいないほどバリエーション豊富な料理なんです。

これであなたのたこ焼きパーティーも大成功間違いなし、本場大阪の人も真似するたこやきの作り方を覚えておいて損はしません。

作り方は簡単!もちろん市販のたこ焼き粉で十分です!

ただし、たこ焼き粉の袋にのっているレシピは信用してはいけません!

ぜひこの美味しいたこやきの作り方で、みんなをビックリさせましょう。

【1】材料 (約60個分)

たこ焼き

■ 生地
たこ焼きの粉200g
卵 L3個
水 900cc
だしの素 小さじ1
醤油小さじ1

■具
茹でだこ 1パック
天かす 30g~40g
サラダ油 適量

※お餅・チーズ・キムチ・大葉・明太子・紅ショウガ・ネギなどお好み具材を自由に組み合わせて作ると美味しいです。

■トッピング
たこ焼きソース
マヨネーズ
青海苔
鰹節

※醤油・ポン酢・塩・ごま油など具に合わせて変えると飽きずに美味しく食べられます。

【2】作り方

たこ焼き

生地となるたこ焼き粉はどのメーカーでもOKです!

① 大きめのボールに水100cc・卵・だしの素・醤油を入れ、泡だて器でよく混ぜる。
② ①にたこ焼き粉を入れよく混ぜる。ダマにならないようにしっかり混ぜてください。
③ ②に分量の残り水800ccをゆっくり入れながら混ぜ、生地を緩めていきます。最後にダマがあればすくって捨てればOK!

☆ポイント

この生地を一晩冷蔵庫で寝かせれば、焼き上がりの「トロットロッ」が一段と美味しくなります。

もちろん時間のないときは、先に生地を作って、具を準備している間に冷蔵庫で寝かせましょう。

【3】ひっくり返すタイミングはたこ焼きが教えてくれる!?

たこ焼き

①温めたたこ焼きの鉄板に油をひきます。
(穴以外の平らな部分も忘れずに)
たこ焼きの穴に油が少したまるくらいにたっぷりひくと、「カリッカリッ」が増します。

②最初に天かすを入れます。天かすを油で揚げるような感覚。香ばしくなります。

③生地を流し入れます。粉が沈殿しているのでよく混ぜながら入れてください。
具が入るとあふれる程度が適量です。

④たこを入れます。お好みで餅チーズ・キムチーズ大葉など、いろいろな味を試すと飽きずにたくさん食べられます。

⑤穴からはみ出た生地は穴の上に乗せるように、左右上下を一つ一つを離していきます。

穴の側面に竹串を入れ、たこ焼きがクルッと動けばひっくり返すタイミングです。
このとき全部ひっくり返すのではなく、半分だけ傾けましょう。そうすることで、中のまだ固まっていない生地が流れ出た状態で少し焼きます。
それから全部ひっくり返し、しばらく焼きましょう。
すると綺麗なまん丸のたこ焼きが焼けます。
何度かひっくり返しながら、美味しいキツネ色になれば出来上がりです。

☆ポイント

天かすをたっぷり入れるとたこ焼きの「トロットロッ」感が増して美味しくできますよ!

竹串を刺した時に、たこ焼きが動かない状態で何度もさわると形が崩れるので、焦らずゆっくりとたこ焼きが教えてくれるのを待ちましょう。

さらに「カリッカリッ」がお好みの方は、たこ焼きが丸くなった状態のところにサラダ油をサッと流しいれると、まるで揚げたこ焼きのように「カリッカリッ」なります。

まとめ

外は「カリッカリッ」中は「トロットロッ」の美味しいたこやきの作り方のポイントおわかりいただけましたか?

油の量と、この美味しいたこ焼きの作り方で作った生地を寝せる時間だけですね。

最初はこの作り方で作ると生地の緩さと油の多さに大丈夫かな!?とビックリしますが、一度試してみるとこれ以外の作り方では本当にたこやき食べられなくなります。

しかも美味しいたこ焼きが市販の粉で作れるって、とても魅力的ですよね。

安いメーカーのたこ焼き粉でもうま味成分はちゃんと入ってるので、この作り方で作れば十分美味しいたこ焼きができます。

分量がわからずたこ焼きを作りすぎても大丈夫です。

食べきれなかったたこ焼きは、ラップに包んで冷凍に。

お腹すいたときにレンジで温めればたこ焼きを美味しくいただけます。

具とトッピングも自分のアレンジで色々と試すのも楽しいですよ。

シンプルにたこと天かすだけでも十分美味しいたこ焼きですが、紅しょうがとネギを入れると大人の味、餅チーズはお子様向け、お酒のあてにはキムチーズ!

ソース派じゃない人は醤油をつけてからもう一度焼いてみてはいかがでしょう。

とても香ばしくて美味しく、あっさりとたこ焼きを何個でも食べられます。

色々な具を揃えるだけで家族や友達と楽しくパーティー気分になれますよ。

ぜびこの美味しいたこ焼き、ご家庭でも作ってみてください。

「家めしを楽しもう」と語る佐々木俊尚が、料理が苦手な人に送るアドバイスとは?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう