【じゃがいもを使った、簡単でおいしいレシピが知りたい!】

じゃがいも

じゃがいもって、安い時にたくさん買っても、だいたいカレーや肉じゃがなど、レシピがマンネリ化してしまいがちですよね。

この記事では簡単でおいしいじゃがいも料理のレシピを紹介します。

これで脱マンネリ化!

食卓を美味しいじゃがいも料理で彩ってみてはいかがでしょうか?

【ほくほく&ジューシー!マヨ醤油鶏じゃがのレシピ】

鶏肉とじゃがいもって、一見、合わなそうな感じですが、実はけっこう美味しい組み合わせなんです。

電子レンジを使いつつ簡単に作りましょう!

まず、とりむね肉1枚分をそぎ切りにして、少し切れ目を入れます。

醤油大さじ1
酒大さじ1
チューブすりおろしにんにく1㎝くらい
塩コショウ少々
を混ぜ合わせたものに、むね肉を漬け込んでおきます

次に、大きめのじゃがいも3個くらいを用意します。

新じゃがであれば、きれいに洗って、皮ごと使ってかまいません。

普通のじゃがいもであれば洗って芽を取り、皮をむいてください。

じゃがいもを半分に切って、それをさらに4等分に切ってください。

よくある太めのフライドポテトみたいな形です。

あとは、玉ねぎ1/2個分をスライスします。

それらを耐熱の皿に乗せて、ラップをふんわりかけて500wのレンジで5~7分程度チンします。

火が通って、玉ねぎが透き通り、じゃがいもがほくほくしている状態がベストです。

じゃがいもをチンしている間に、むね肉を調理します。

オリーブオイルを引いたフライパンにむね肉を並べ、ふたをして弱火で蒸し焼きにします。

両面3分ずつ、計6分くらい焼きます。

むね肉が焼けたら火を止めて、一旦肉を取り出してください。

フライパンに出た汁をキッチンペーパーで吸い取ってから、再びオリーブオイルを引いて、フライパンを中火程度に熱し、そこにレンジでチンしておいたじゃがいもとたまねぎを入れます。

焦がさないように気をつけながら、少し焼き目をつけるようにします。

そこに、マヨネーズ大さじ3、砂糖小さじ1、醤油大さじ1、酒小さじ1、みりん小さじ1を混ぜ合わせたタレを投入します。

じゃがいもにタレが絡んできたらさらにむね肉を入れて絡めます。

仕上げにパセリと黒コショウをかけて完成です。

お好みで、粉チーズをかけても美味しいです。

【カリホク衣つきポテト&いろいろディップソースのレシピ】

簡単で美味しい、おつまみにもおかずにもなるレシピです。

これも電子レンジを使います。

大きめのじゃがいも2~3個をくし切りにします。

モスやケンタッキーのポテトが目安です。

切ったじゃがいもを、塩小さじ3杯程度を入れた水を張ったボウルにつけておきます。

1時間程度が目安です。

じゃがいもの水気をざるで切ります。

耐熱皿に入れて500wのレンジで5分ほどチンします。

火が通ってほくほくするくらいが目安です。

じゃがいもレンジでチンしている間に、鍋に油を注いで熱します。

じゃがいもの加熱が終わったら、キッチンペーパーで水気を拭き取り、まんべんなく小麦粉をまぶし、油で揚げます。

粉を少しだけ油に落としてしゅわしゅわするくらいが揚げはじめのタイミングです。

揚げているじゃがいもがきつね色になり、全体がカリッとしてきたら、できあがりです。

キッチンペーパーをしいたフライヤーなどにあげて油をきっておきます。

熱いうちに塩を少々振ってください。

さて、そのままでもカリカリホクホクで美味しいレシピですが、さらに一工夫。

フライドポテトにつける簡単なディップソースのレシピを紹介します。

○簡単!ジャンバラヤ風スパイシーディップ

ケチャップ大さじ2、
カレー粉小さじ1/2
砂糖少々、
ソース大さじ1
タバスコ少々

を混ぜて出来上がりです。

みじん切りにした玉ねぎをレンジで軽くチンしてこのソースに混ぜても美味しいです。

○簡単!まろやか!ハニーレモンマヨディップ

はちみつ

マヨネーズ大さじ2、
はちみつ小さじ1
レモン汁小さじ1
おろしにんにくチューブで5mm程
黒コショウ・パセリお好みで

これを混ぜるだけです。

チンしたみじん切りの玉ねぎや、しょうがの甘酢漬けをみじん切りにしたものを混ぜても美味しいです。

【レンジとトースターにお任せ!簡単ベイクドポテト】

電子レンジ

これは、新じゃがが、美味しい季節に向いているレシピです。

皮ごと使うので、皮の薄い新じゃが(大きめ3個ほど)をよく洗って、芽は出ていないと思いますが、念のためチェックを忘れずにしてください。

ある場合は取り除いてください。

じゃがいもを薄い蛇腹状に切ります。

全部包丁を入れてしまわないように気をつけてください。

両端に菜箸を挟むように置いてじゃがいもを切ると失敗せずにできます。

蛇腹状にしたじゃがいもをそのまま耐熱皿に入れてラップをして、500wのレンジで7~10分ほどチンしてください。

ちゃんと火が通ってほくほくするくらいが目安です。

その間に味付けの準備をします。

オリーブオイル大さじ3~5に塩を加えて混ぜます。

舐めてみてしょっぱいくらいがちょうどよいです。

さらに、おろしにんにくをチューブで1cmほど、黒コショウやパセリ、ある方はスパイスソルトなどを混ぜてください。

大き目のグラタン皿を準備します。

皿に、先ほどの合わせ調味料の1/3程度をまんべんなく塗り広げます。

その上にチンして水気を拭き取ったジャガイモを並べて、さらにその上から、合わせ調味料をたっぷりかけます。

じゃがいもの切れ目にも入れるように塗りつけます。

足りない場合は、さらに合わせ調味料を作って足してください。

あとはオーブントースターでじゃがいもの皮がパリッとするまで焼き続けるだけです。

とっても簡単です。

焦がさないように注意してください。

完成したものは油がアツアツなのでヤケドに気をつけてください。

肉料理の付け添えにぴったりのレシピです。

また、焼く前にじゃがいもの切れ込みに、厚めにスライスしたベーコンを挟みこんでから焼くと、また違った味わいになります。

【簡単レシピでじゃがいもを食べまくろう!】

じゃがいもの簡単レシピ、いかがでしたか?

レンジなどを工夫して使うことで、時短にも節約にもなるので、そういう点でもおいしいレシピとなっております。

このレシピで、たくさんじゃがいもを消費してくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう