【白ワインを買ってはみたものの、余らせちゃって困る!】

白ワイン

最近のワインブームはすごいですよね。

スーパーやコンビニでも、割と美味しく、品質の良いワインが、安く購入できます。

でも、いざブームに乗っかったけど、結局その時だけ飲んで、あとは冷蔵庫に入れたまま……
なんてこともよくあります。

この記事では、余らせてしまった白ワインの活用法として、白ワインを使った料理の作り方をご紹介します。

もちろんフレッシュな白ワインを使い、そのワインと共に饗しても美味しい料理ですのでぜひお試しあれ。

【白ワインで簡単!香り豊かなあさりの酒蒸し】

あさり

白ワインを使う料理といったら、やはり魚介を使う料理がぴったりです。

簡単な、あさりの白ワイン蒸しを紹介しましょう。

まず、あさり15~20個ほどをさっと洗ってから、砂抜きします。

水500ccに対して大さじ1程度の塩を入れた、食塩水を張ったボウルにあさりを入れます。
(足りない場合は同じ割合の食塩水を足してください)

ボウルの上に新聞紙を上から被せて暗くすると、あさりが砂を吐きだしやすくなります。

目安は2~3時間ほどです。

砂抜きが終わったら、食塩水を捨てて、再びあさりを洗ってざるで水を切っておきます。

フライパンを中火に熱してあさりを入れます。

さらに、みじん切りにしておいたにんにく1片分と、白ワイン50~60ccを入れて、蓋をして6分ほど少し弱めの中火で熱します。

貝殻が空いたら、バターを10g程度入れて、溶かしながら全体になじませます。

仕上げにパセリを適量入れて完成です。

さらに白ワイン蒸しのアレンジ方法があります。

あさりとジャガイモの白ワイン蒸しです。

あさりを蒸す時に、水とひとつまみの塩を加えて、煮汁を増やします。
(アサリがひたひたになるくらいが目安です)

酒蒸しができたら、いったんあさりを取り出しておきます。

そこに、適当な大きさに切って、レンジでほくほくになる直前(500w5分ほど)までチンしておたじゃがいもを加えて、その煮汁で煮ます。

煮汁は味見して、塩分をお好みで調整してください。

じゃがいもを煮る前に確認するのがベストです。

じゃがいもを崩さないように煮て、煮汁を吸ってきたら再びアサリをフライパンに戻します。

蓋をしてあさりがあたたまったらパセリを適量入れて完成です。

じゃがいもは、皮つきの太めの冷凍フライドポテトを揚げたもので代用しても、また違った味わいと食感になります。

ほかにも、あさりの白ワイン蒸しに、パスタのゆで汁を少し加えてから、ゆで上がったパスタを入れてもよいです。

ボンゴレ風のパスタになります。

バターをオリーブオイルに替えると、さっぱりとした味わいになります。

お好みで鷹の爪や黒コショウを加えても美味しいです。

【鶏もも肉と白ワインの煮込み料理】

豚や牛よりも、あっさりとした味わいの鶏肉料理は、白ワインと相性がよいです。

この記事では、白ワインを使った煮込み料理を紹介します。

もも肉を二枚分用意します。

さっと洗って、キッチンペーパーで拭いて、鶏の臭みをとってください。

もも肉を一口大より大きめに切ります。

キッチン用ポリ袋に、

すりおろしにんにくチューブ3cm、
塩小さじ1、
白コショウ少々1
白ワイン大さじ2
バジルやパセリなどのハーブ適量
を混ぜたものに、

切った肉を漬け込んでおきす。

煮込み料理もできる、深めのフライパンを用意してください。

漬けておいた肉の水分をキッチンペーパーで拭き取ります。

さっと両面に薄力粉をまぶします。

オリーブオイルを多めに引いて中火で熱しておいたフライパンで、もも肉を焼きます。

両面が(特に皮目が)カリッとしたら、一旦鶏肉を取りだします。

軸を少し残したままバラけないようにして、玉ねぎを8等分に切ります。

油が残っているフライパンで、油を馴染ませるように炒めます。

塩コショウを少々足して炒めてください。

少ししんなりしたら、もも肉を加えます。

ローレルを1枚加え、白ワイン200ccに水100cc、
塩小さじ1/2、バター20g、オリーブオイル大さじ1を
フライパンに加えて全体に馴染むように混ぜます。

沸騰するまで中火で煮込んでから、沸騰しあとは、おとしぶたをし、弱火で15分ほど煮込み続けて完成です。

仕上げに黒コショウを適量かけてください。

塩味が足りない場合は好みで調節してください。

カリッと焼いて、ガーリックバターを塗ったバゲッドと合わせても美味しいです。

粉チーズやタバスコもおすすめです。

また、残った煮込み料理の具を細かく切ってから、冷ご飯と合わせて煮ても、リゾット風で美味です。

【超お手軽! 白ワインのカクテル風】

サイダー

白ワインは料理だけでなく、飲み方そのもののアレンジ方法も、たくさんあります。

作り方はとても簡単です。

白ワインと同量の、透明な炭酸系甘味飲料をまぜるだけです。
(スプライトや、三ツ矢サイダーなど)

割合はお好みで変えてみてください。

お酒を強めにすると、料理にも合いますし、ジュースを強めにすると、より食前酒や食後酒に合います。

さらに、フローズンベリーやマンゴー、フレッシュフルーツを刻んで入れると、かわいいサングリア風の飲み物になります。

パーティーにぴったりなメニューです。

オレンジ系のリキュールを足しても美味しいです。

もちろんお酒なので、飲酒運転は厳禁です。

【白ワインを使った料理で、ワインパーティーをしてみませんか?】

パーティー

白ワインはそのままはもちろん、料理の調味料としても手軽に使うことができます。

料理酒の代わりにちょっとした隠し味に使っても、OKです。

白ワインを使った料理も、そして白ワインも、ぜひ、楽しんでくださいね!

【白ワインの料理関連記事一覧】

【白ワインに合うつまみ!】意外と合う和食のつまみ5選

【ワインに合う料理!】簡単にできる料理集

【ワインの作り方】クリスマスに作りたい自家製ワインの超シンプルな作り方

→今からでも間に合う!クリスマスの部屋を華やかに彩る9種類の100均グッズ

ワイン講座など様々なワークショップを開催!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう