【美味しいコロッケの作り方が知りたい!】

揚げたてでサクサクほくほくの美味しいコロッケ。

お惣菜の定番ですよね。

お肉屋さんやスーパーで、買って食べるのも良いけど、たまにはお家で、手作りの美味しいコロッケが食べたい……

実は、コロッケ作りってめんどくさそうに見えて意外と簡単なんです!

生地を作って、冷やしておく時間をちゃんと確保できれば、あとは夕飯にちゃちゃっと揚げるだけ!

ある程度なら作り置きもできますし、小さく作ればお弁当のおかずにもできます。

この記事では、美味しいコロッケの作り方とさまざまなアレンジコロッケの作り方を紹介します。

美味しいコロッケで食卓を盛り上げましょう!

【定番! シンプルな美味しいコロッケの作り方】

じゃがいも

まずは、肉屋さんやスーパーどこにでも売っているような、定番コロッケの作り方を紹介します。

コロッケにむいているじゃがいもはほくほくとした『男爵いも』です。

甘みや黄色い色みを足したい時は、『きたあかり』をブレンドすると良いでしょう。

このじゃがいもも、ほくほくしています。

約10個分の作り方です。

多い場合は半量で作ってもOKです。

大き目のじゃがいもを4個準備して、きれいに洗い、皮をむき、芽を取り除きます。

4等分にして鍋に入れ、じゃがいもより上にくるまで水を入れて水の状態からじゃがいもを茹でます。

じゃがいもに竹串を刺してすっと通るまで加熱してください。

茹であがったら、ざるでお湯を切って、大きめのボウルに入れて、マッシャーで潰してください。

じゃがいもが熱いうちに、

バター10g、
塩コショウ少々、
顆粒コンソメ大さじ1

をじゃがいもに混ぜます。

じゃがいもを茹でる作業と並行して、他の具の準備もします。

玉ねぎ半分とニンジン半分を細かくみじん切りにします。

豚ひき肉(または合びき肉)150gとみじん切りにした野菜を炒めます。

ひき肉から脂が出るので、フライパンに油は引きません。

弱めの中火で肉をほぐしながら野菜をと一緒に焦がさないようにじっくり炒めます。

塩コショウを少々入れてください。

余分な水分が出るので、キッチンペーパーで吸い取ってください。

マッシュして味をつけたじゃがいもに炒めた具をよく混ぜます。

さらに、あたたかいうちに、片栗粉を大さじ1/2杯入れて、しっかり混ぜます。

これでコロッケの生地の出来上がりです。

次に、小判型に成形します。

バットや皿などにラップを敷いて、成形した生地を置き、さらにラップを上からかぶせて、冷蔵庫で生地を冷やします。

ここでしっかり冷やさないと、揚げる時にコロッケが爆発してしまうので、注意してください。

さて、いよいよ揚げる準備です。

揚げ物用の鍋に、多めの油を入れて中火で熱します。

その間に、バッター液を作ります。

卵2個をよくといて、薄力粉を大さじ4杯、水少量をよくまぜます。

成形したコロッケの生地にバッター液をよく絡ませてから、パン粉をまんべんなくつけます。

菜箸を油鍋に刺してしゅわしゅわするくらい(180℃あたり)になったら、コロッケを入れて揚げます。

両面がこんがりきつね色になったら完成です。

これが定番コロッケの作り方です

【ズボラどんと来い! 美味しいのに簡単! おのこりカレーコロッケの作り方!】

カレー

いつも同じコロッケじゃ飽きてしまいますよね?

でも、どうアレンジしていいか分からないし、とにかくめんどうなのがいやだ!

という、ズボラなあなたにぴったりな美味しいアレンジコロッケの作り方がこれです!

使うものはカレーの残りです。

ポークまたはビーフがおすすめです。

作りたてのカレーは使えません。

2日目、または3日目の水分が飛んだ、ねっとりとしたカレーがおすすめです。

具もくたくたに、やわらかくなっている状態がよいです。

残りカレーの、じゃがいもも使いますが、それだけでは足りないので、コロッケを作りたい分だけのじゃがいもを茹でて足します。

カレーのじゃがいもをチンして温めて、ゆでたジャガイモと一緒にマッシャーで潰します。

味付けは不要です。

カレーの中の玉ねぎとにんじんをチンして、これもマッシャーで潰します。

潰れない場合はみじん切りにしてから、レンジで少しチンしてください。

カレーの中の肉も取り出して、みじん切りにしてから少しチンします。

あまりチンし過ぎると、カチカチになるので注意が必要です。

合わせて潰したじゃがいもと細かく切って加熱したカレーの具を混ぜます。

そこに、少しチンしてあたためた残りカレーのペーストを少しずつ、味を見ながら足していきます。

あまりカレーを入れ過ぎるとコロッケの生地が成形しにくくなるので、注意が必要です。

適度に味がついたら、片栗粉大さじ1をくわえてよく混ぜます。

かならず生地があたたかいうちに混ぜてください。

あとは成形して、冷やして上記にある、定番コロッケの作り方と同じように揚げるだけです。

まあるく成形して中にチーズを入れるのも美味しいです。

これが、簡単カレーコロッケの作り方です。

【揚げない!? 濃厚で美味しい! 焼きコロッケの作り方】

いちいち成形して揚げるのすら面倒!

そんな方もいると思います。

さらにズボラな方にぴったりな作り方です。

ズボラじゃなくても、パーティーの大皿料理に、じゃがいもを使いたい方にも、おすすめの作り方です。

上記にある定番コロッケの生地を作ります。

今回は片栗粉を入れなくてOKです。

生地も温かいうちに使います。

大きいグラタン皿にさっとバターを塗って、コロッケの生地を皿の半分くらいまで入れて、平らにならします。

そこにとろけるチーズをたっぷり乗せてさらにコロッケの生地を皿の9分目くらいまで入れます。

上からマヨネーズを格子状にかけて、パン粉をたっぷりかけて、トースターでパン粉がこんがりキツネ色になるまで焼いて完成です。

小皿に取り分けて食べてください。

お好みで、ブラックペッパーやパセリをかけても美味しいです。

もちろん、ソースも合います。

これが、美味しい焼きコロッケの作り方です。

【美味しいコロッケで食卓を豊かに……】

コロッケにはさまざまなアレンジ方法があります。

のこりのおかずとじゃがいもを組み合わせて、新しいコロッケを作ってみてはいかがでしょうか?

美味しいコロッケのレパートリーを増やして、楽しい食卓にしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう