[1]家電製品の消費電力

エアコン

家電製品は当たり前のことですが、電気を供給してあげなければ使い物にならないことは明白です。

これらの家電製品の中には、大量の電気を消費してしまうものもたくさんあります。

冷蔵庫、エアコン、テレビがその代表格ですが、できるだけ電気を節約することに気をつけたいと考えるものです。

最近の家電製品はリモコンで使える様にさなっていますが、機能が多彩になってきており、消費電力も大きくなる傾向にあります。

テレビもその中では大きい部類に入ります。

[2]テレビの電気代

テレビ

電気代をできるだけ。

節約したいと思うことは自然な流れです。

特にテレビの電気代も家電製品の中で、大きなウエートを占めています。

最近のテレビは多彩な機能を持っているので、非常に便利になっている反面、電気代も大きくなっています。

節電のための機能もありますが、あまりにも色々な機能を使うと消費電力が上がり、電気代も高くなってしまいます。

よって、それらの機能を、それらの上手にコントロールして電気代を安く抑えることを意識しておくことが必要です。

[3]節電モードを知る

テレビには、節電モード機能が付いています。

この機能によって、かなり電気代を抑えることができますが、一つはタイマー機能です。

夜、テレビを見ていて眠ってしまうこともよくあるでしょう。

このような時は、自動的にテレビの電気が消えるように設定します。

時間は30分、60分、90分、120分といくつかの時間のパターンがありますので、それて自動でテレビを消してしまうのです。

また、自動的に消す機能には、部屋の照明と連動させる機能も搭載しています。

部屋の照明が暗くなることで、テレにの電気が落とされる機能です。

寝る時の消灯で、それ以降、一定時間が経過すると電源オフになることで、無駄な消費電力を抑えます。

[4]画像等調整でも節約ができる

テレビの電気代は、見る映像によっても左右されてきます。

映像は見る人の好みや目の状態でも、映像を調整しなければならないことがあります。

鮮明な映像であることは必要なのですが、明るくする場合や暗くすることも必要です。

時には、DVDで映画の視聴をする人もいます。

これら見る映像の状態によってもテレビの消費電力が異なってきて、電気代が大きく変わってくるのです。

まずは明るさですが、明るくなればなるほど消費電力が大きくなってきます。

輝度を高くすることになるのですが、できるのであれば可能な限り輝度を落として電気代の節約につなげたいものです。

また、色味によっても変わってきます。

白基調や赤基調の画質を強調し過ぎると、それだけでも消費電力は、大きくなりますので注意が必要です。

この色調整は、リモコンで一つ一つカラーのバランスを調整することができますが、一般の方が行うには、少しばかり専門的なの知識が必要になることもあります。

この時は、1回の操作で調節できる機能を持ったテレビがほとんどでしょう。

テレビメーカーにより、機能名称は異なりますが、「映画モード」、「通常モード」と言った名称で、これを選ぶだけで明るさや色の調整をしてくれるのです。

実はこの画質の調整が電気代を左右してしまう原因の一つになつているのですが、テレビを利用している人はあまりこのことに気づいているいないのです。 

どたらかというとテレビの電源オフやタイマー機能を使うことに気を向けていますが、長い時間、テレビをつけっぱなしにしている家庭では、この画質調整も電気代に大きく影響しているのです。

よって、それらのどのような見方をするかによって、画質も意識しておくことが大事だと思います。

また、目にかかる負担も軽減することにもなってきます。

[5]他の節電方法

リモコン

テレビの電気代節約方の中で、意識してほしいのは待機電力です。

今のテレビはほとんどがリモコンで、オン・オフをします。

この時に必要なことは、テレビ本体はリコンの電波を受けることが、できるように最小限の通電が必要になってきます。

これが待機電力と呼ばれるものなのですが、これを1年中やっていると電気代もバカにならないのです。

見た目上は、画面が消えていますが、それなりに電気を消費しているので、長らく家を留守にしたり、録画予約をしないのであれば、常にテレビ本体の電気を切っておくことも節電の秘訣です。

また、最近のテレビは高機能化によって見るだけでなく映像を貯めたり、外から映像を見ることもできるようになっています。

特にスマートフォンが普及してからは、便利な機能が満載です。

スマホから映像を送り、その映像や動画を楽しむこともできますし、プロジェクターのような使い方も可能です。

しかしながら、この場合においても、やはり電気代が高くなる要因になりかねないのです。

家庭でも無線機LANの利用が普通になってきており、そのために消費電力が大きくなっていることがありますので、節電を意識するのであれば、テレビの高

機能の中で、必要な時に必要な機能だけを限定でして使うことも必要だと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう