寒さが厳しくなって、暖房設備を使う機会が増えてくる冬。

こんな時は、エアコンや温風ヒーターをガンガンに使って、部屋を思いっきり暖かくしながら、冷え切った身体を温めたいと思うことでしょう。

しかし、できるだけ暖房妃を節約したいなと思うことも当然な気持ちです。

【燃料費の価格にかかわらず節約する気持ち】

暖房

最近は、灯油の価格が珍しく落ちついている傾向にありますが、いつの時代でも急に高騰してしまうことが少なくありません。

ただでさえ、月々の電気代やガス代に悩まされているのに、できるだけ上手な使い方で、暖房費を節約したいものです。

【電気代の節約】

扇風機

暖房で電気を使う場合は、エアコンで暖房する時です。

エアコンの電気代は意外と夏のクーラーより暖房の方が消費電力が大きくなります。

よって、なるべくエアコンを使わないよう暖房の方法が電気代の節約になります。

しかし、最近の賃貸マンションやアパートでは、石油ストーブ、ファンヒーターの利用を禁止している所も少なくありません。

このようなことから、電気ストーブやエアコンを使わざるを得ないケースが出てきます。

ここでエアコンによる効率的な暖房の方法は、扇風機との併用です。

「寒い時期に扇風機?」

と不思議に思われるかもしれません。

しかし、これがとても効果的なのです。

エアコンで暖まった空気は軽くなり、へやの上の方に上がっていく性質があります。

反面、冷たい空気が下に降りていくことになります。

この時に扇風機で、風を起こすことで対流を作り部屋の空気の寒暖の壁を取り払い、効率の良い空調にするわけです。

お風呂を沸かした時に、浴槽をかき混ぜて入るには調度良い状態にすることと同じ考え方です。

これを行うことで、エアコンの温度も少しばかり落とすことができて、電気代の節約と同時に部屋の温度も一定に保つのことができるのです。

【ストーブの活用】

ストーブ

なんと言っても、石油ストーブは昔ながらの暖房器具必須アイテムには間違いありません。

マンションでストーブを使えるのであれば、トータル的には暖房費の節約につながっていきますし、効率的な煖房が感想です。

【カーテンの利用】

カーテン

暖房費を節約することは、エネルギーの効率的な利用だけではありません。

室内のカーテンを使うことも大きな節約につながってきます。

まずは、遮光カーテンてす。

遮光カーテンは、眩しい太陽光を遮ったりするものですが、これは暖房効果も期待できます。

外との外気を遮断する役目もあり、これだけで室内の暖かさを逃がすまいことがありません。

そうなるとエアコンやファンヒーターでは暖められた空気が外の冷たい空気に触れることがないので、暖かさを長時間、維持させることができるのです。

これにより、室内の設定温度を下げることができて、電気代の節約ができるのです。

また、遮光カーテンだけでなくレースのカーテンでもいいので、遮光カーテンとの組み合わせで2重にすることで、より高い効果を生み出してくれます。

これは夏も同じことで、エアコンの電気代節約になります。

【室内での服装】

服装でも暖かさを維持する方法を取り入れることも1つかもしれません。

意識して厚着をすることはないのですが、最近は薄手のシャツでも赤外線を発する物があります。

これを着ることだけでも、ファンヒーターやエアコンの利用を控えることができますので、暖房費の節約になるでしょう。

【晴れの日は外光を取り込む】

朝

晴れの日は昼間の太陽光を取り込むだけでも室内の気温を上げることができます。

言わば、自然のピーターとも言えるでしょう。太陽光がさし込んでくれる時間帯はなるべく長い時間、ギリギリまで光を取り込んで室内を暖めることが大事です。

陽が沈んだ後は、遮光カーテンで外気の冷たい空気をシャットアウトして暖かい状態を維持させるのです。

【トータル的な家作り】

暖房費を根本的に抑えるためには、家造りから考えることも必要になってくることもあります。

改築、リフォームの機会があれば、是非、検討してみる価値がありますが、窓を2重サッシにすることや断熱材を壁、床に敷くことも大きな効果が生まれてきます。

また、電気設備まで予算的に許されるのなら、太陽光発電やエコキュートという設備も検討する価値は大いにありそうです。

エコキュートは、新しい住居だけでなく、古い家にも普及しているのですが、通常の電気温水器や給湯器より1/3の電気代で温水を作ることができるのです。

イニシャルコストは、かなりの金額が張りますが、ランニングコストが安いために、長い目で見ると暖房費を抑えると効果は大きいと言えます。

暖房費を節約する方法は昔からの悩みでもあり、生活の知恵の中から少しでも費用を抑えることに感心が寄せられてきました。

自宅の設備をお金をかけてリニューアルすることも、1つですし、元々、家にある設備を、家にある有効活用するだけでも暖房費を少しずつではありますが、節約することができるのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう