おでんは、一年中を通して、食べたいと思う料理の一つとなっています。

そして特に、冬になると必ずと言っていいほど、食べたくなる料理の一つとしてあげることができます。

それは寒い冬に、おでんを食べることによって、心も体も暖かくなって、本当に幸せな気分になることができからです。

そのため、暖かい家庭料理の定番となっているということも、うなずけますね。

そんなおでんは、おでんとして食べるだけではなく、色々なレシピとして活用して、アレンジをして食べることができます。

そのため、少し多めに作りすぎたと思った時があっても、色々な料理として活用することを思うと、全然平気です。

そんな色々なレシピについて、まとめてみました。

・おでんとしてつくる

おでん

おでんとしてつくるということが、まず王道となります。

その具材は、一般的に、厚揚げや大根、卵といったものが挙げられます。

しかし、その他のものでも、極端に言えば、野菜ならなんでも、おでんの具材とすることができるのです。

それはおでんスープが、それらの色々な具材から出る味によって、とても美味しくなっているので、そこからのだしを利用して食べると、どんな野菜でも美味しく食べることができます。

その一つとして、煮込むとクタクタになりそうな野菜は煮込まずに、すぐに取り出して食べるようにするといいですね。

そのため、鍋料理のような感覚で、こたつの上におでんのお鍋をおいて、温めながらおき、そのなかに色々な野菜をいれて、食べるというのがいいですね。

野菜を取ると、冬の寒い時には、体を温めることが出来るので、その意味でもとても良い料理となります。

冬には、そんな冬野菜をいれて、おでんを楽しみたいものです。

・おでんの後の具材を天ぷらにする

天ぷら

おでんの後に残った具材は、それだけで翌日でも温め直すことによって、美味しく食べることができます。

しかし毎日、同じおでんとして食べることが嫌という人は、そのおでんとして作った具材で、別の料理にすればいいのです。

その別の料理のひとつに、天ぷらがあります。

天ぷらにすると、更に違った味わいを楽しむことができるのです。

おでんとして作ったものは、それ自体に味が染み込んでいるので、天ぷらにした時に、そのまま食べることができるのはいいですね。

また、通常は天ぷらにすることがない、大根などをあげてみると、変わった風味で美味しく食べることができます。

じんわりとしてつゆのしみた大根の中身と、外がカリッとした食感はくせになりますよ。

・おでんの具材をカレーレシピに活用する

カレー

おでんの具材が余った時、もうひとつのレシピとして、カレー風味にすることができます。

そのおでんの具材を、カレーの具材のように小さくカットをすると、そのままカレーとすることができます。

それは、具材自体が柔らかくなっているので、煮込むことがなく、短時間ですぐにカレーをつくることができるのです。

また、おでんの具材に和風の味付けがついているので、少し和風を感じることができる、カレーとすることができますよ。

あっさりとしていて、それでいて、コクのある味に仕上げることができるのでいいですね。

子供さんは、おでんを食べることが嫌という人でも、カレー味にすると、ペロっと食べることができますね。

和風のおでんですがカレー味で洋風にすることもできるので、おでんは色々なレシピに活用することができて、本当に便利と言えます。

・おでんの具材をお好み焼きに入れる

もうひとつのレシピとして、おでんの具材をお好み焼きの具材をして、使うことができます。

これは、もう一つ活かすことができるのです。

それは、おでんで使ったスープです。

このスープで、お好み焼きの粉を混ぜることによって、おでんから染み出ただしを、無駄にすることなく、全て使うことができます。

そのため、とっても節約料理のレシピとなるのです。

そしてその具材は、細かくすることによって、お好み焼きに混ぜることができます。

すると、その具材に味が染み込んでいるので、これも風味のあるお好み焼きに、することができるのです。

これはおでんをした次の日につくると、子供たちや家族に喜ばれることは、間違いありません。

・味噌汁の具材にする

味噌汁

また、それでもおでんの具材が余っているという場合は、味噌汁の具材としても、活用することができます。

味がついているので、これも通常の味噌汁よりも、美味しく食べることができます。

また味噌汁ではなく、けんちん汁風味にすることもできます。

そのため、汁物にもレシピとして活用することができるのです。

おでんは、和風の料理として、多くの人に支持をされています。

そんな、みんなから愛されるおでんは、洋風にも変化をさせることができるのです。

そのレシピを活用することによって、単なるおでんではなく、それらをつくるためのおでんとして、つくるようになるかもしれませんね。

【おでんのレシピ関連記事一覧】

【美味しいおでんの作り方】「お店」のような美味しいおでんを作る5つのコツ

→【今が旬のブロッコリー】ブロッコリーとエビのガーリック炒めレシピがおすすめ!

【プロのヘアメイクアドバイザーが教える】ヘアアレンジが格段に可愛くなるちょっとしたポイントとは

英会話など様々なワークショップを開催!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう