英語を勉強する上で障害になりがちなのが、英語のリスニングです。英文を読むことは得意でも、英語のリスニングとなると何を言っているのかさっぱりわからない…という方は多いのではないでしょうか。

私は帰国子女ではありませんが、独学で英会話を学びいまではネイティヴと難なくコミュニケーションが取れるレベルになりました。

この記事では、私が日本国内にいながらにして英語をたやすく聞き取れるようになるため実践していた勉強法をご紹介します。

1.まずヒアリングの難しさについて理解する

ヒアリング

英語のヒアリングは、日本人にとってかなり難しいことです。

特にリスニングの悩みは、英語の参考書の勉強を終えてから、実践的な英会話トレーニングに移ったばかりの方がぶつかりがちな悩みではないかと思います。

というのも、英語学習者用のヒアリング教材は、一音一音すべて聞き取れるよう、ていねいにスピーカーが話しています。

しかし、ネイティヴの普段の会話はものすごいスピードで交わされます。

スラングや難しい言い回しも入ってきますし、省略なども起きます。

アメリカ英語ですと、音のリンギングも起きるので、更に聞き取りづらくなります。

リスニングの難しさは、英語の勉強の挫折につながる原因としてとても多いです。

しかし、初めにお伝えしたいのは、どんなにいま聞き取れない人でも、英語に慣れさえすればスイスイ理解できるようになります。

これは私自身の実体験でもありますし、周囲の英語学習者を見てもほぼ全員がそうだったためです。

英語のリスニングはアタマの良さではなく、慣れなんです。

2.音読は最強の勉強法

音読

英語のヒアリング能力を高めることにおいて最強なのは、英文の音読ではないかと思っています。

音読はリスニングの力だけではなく、リーディングやスピーキングのチカラも伸びていきますので一石二鳥でもあります。

まず、教材選びについて。あなたのレベルにきちんと合ったものにしましょう。

初学者がいきなりネイティヴのナチュラルな英会話の教材を選ぶのは地雷です。

例えば映画や海外ドラマなどです。

難易度が高すぎて、ヒアリング勉強の挫折に繋がりがちです。

だからと言って、いつまでも中学生英語のリスニング教材を使うのも退屈ですよね。

本屋さんなどで、CDとスクリプトが揃った教材をセレクトしてくださいね。

文章にすればかんたんに理解できるものがいいでしょう。

そしてそれを、CDで発音を確認しながらひたすら音読していきましょう。

ひとつの文章を覚えてしまうのではないかというくらい、繰り返し繰り返し何十回も音読しましょう。

音読することによって、英単語の発音もどんどん耳に馴染んできます。

自分の口で言うことができるということは、聞き取れるということでもあります。

音読を続けることによってぐんぐん英語のヒアリング能力が高まるのを感じるのではないかと思います。

ぜひ一度試してみてください。

3.音読で基礎固めをしたらネイティヴと会話してみる

外国人

音読を繰り返し、どんどん教材のレベルアップをしていけば、それだけでもヒアリング能力はマスターすることが可能でしょう。

しかし、それでは英会話の醍醐味は味わえませんよね。

ですので、ある程度慣れてきて次のステップに行きたくなったときは、ネイティヴとの会話をしてみましょう。

オススメはオンライン英会話レッスンです。かなりの格安で、自宅にいながらにして英語のレッスンを受けることができます。

しかもたいていのオンライン英会話には無料体験キャンペーンサービスがあります。

オンライン英会話は多くの会社が行っており、ひとつ選ぶのが迷うほど。

無料体験を何回もこなすだけでも、実は英語のリスニング能力はぐんぐん上がるんですよ。

英会話レッスンを受けるときは、あまり気負わずに勉強してくださいね。

レッスンでも先生との会話を楽しむのが一番大切です。先生についていろいろ聞いてみて、お互いの共通点を探してみたり…会話に夢中になることで、どんどんヒアリング能力も上がっていきます。

はじめからすべて理解しようと思う必要はありません。

なので、レッスン内容を録音してあとで聞く勉強法はオススメしません。

レッスンが作業的なものになってしまうからです。

ちなみに、オンライン英会話はフィリピンなどの東南アジア圏の先生が多いです。

そのため、ネイティヴの英語とは違う!という指摘をする方もいます。

しかし、彼らの英語能力はとても高いもの。

しかも現地の有名大学出身の先生が多いのです。

なので、安心してレッスンを受けてください。

ラジオを聞いてみる

ヒアリング勉強においてとても大切なのは、たくさんの英語をとにかく聞くこと。

何十時間も大量に聞くことによって、どんどん耳に馴染んできてひとつひとつの言葉をキャッチできるようになります。

それに最適なのが英語のニュースをチェックすること。

おすすめはNHKのワールドニュースです。

かんたんな英語中心で、日本のニュースをチェックできます。

パソコンやアプリからいつでも聴くことができますよ。

歌を覚えてみる

歌

英語をメロディごと覚えることによって、単語のイントネーションなどをすらすら身体にしみこませることが可能な勉強法です。

音のリンキングを覚えることもできるので、長時間取り組むというよりたまにこの勉強を取り入れるのがかなり効果的です。

おすすめはビートルズやカーペンターズなど、発音がしっかりしていて簡単な英語が使われているものですが、お好きな曲でかまいません。

歌詞カードをチェックしつつ、歌を聴きながら自分で歌ってみましょう。

■いかがでしたか?

英語のヒアリングは、英語学習者にとってかなり悩みものですよね。

これらの勉強法を参考にして、少しずつ耳を鍛えていってくださいね。

ヒアリングは慣れです。

何十時間、何百時間と聞いていれば、どんどん聞き取れるようになります。

数時間の勉強では変わりません。

毎日こつこつ勉強することが大切です。応援しています!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう