髪型を決める際に顔でかいという悩みを持つ人は、ただ顔が髪で隠れる髪型にする事が顔を小さく見せると思っているようですが、実は顔を髪で隠した髪型にしてもやぼったく見えるだけで、顔でかい悩みの解消にはなりません。

本当に顔でかい悩みを解決するには小顔に見せる髪型にする事が大事なので、小顔に見せる髪型を紹介したいと思います。

【1、前下がりボブ】

顔でかい悩みを解決する為には、いかに顔を小さく見せるかが大事です。

その為にはひし形の形を作る事が必要です。

顎下の長さで前下がりボブにすると、最も美しいひし形を作る事ができます。

前下がりボブの髪型にした時、頭のてっぺんから、一番下の長さの半分より下にレイヤーかグラデーションを入れて、裾に重さが出ないように気をつけてください。

裾に重さが残る事で、顔でかい事プラス、髪の重さで顔でかさを強調してしまいます。

絶対に裾には軽さが出るようにカットしてもらいましょう。

そうかと言って、軽くし過ぎるのはマイナスです。

軽くし過ぎると、髪全体の根元が膨らんでしまい、全体にボリュームが出すぎます。程よく重さを残して軽くしましょう。

レイヤーの入れ過ぎにも注意です。

レイヤーを入れ過ぎてしまうと、頭のはちにボリュームが出てしまい、フォルムが四角くなってしまい、顔でかいことを強調させてしまいます。

レイヤーの入れ過ぎには注意です。

前髪はおろすよりも頬より長めの前髪で真ん中当たりで分けて横に自然に流れを作ると顔と髪型がスッキリ見える印象になるでしょう。

【2、肩下のミディアムロング】

顔でかい人が方くらいのミディアムヘアの髪型にしてしまうと、髪のボリュームが多くなり、やぼったい印象になり、顔でかい事を強調してしまいます。

肩下以上の長さの髪型であれば、目線が肩下の毛先に向くので、顔でかい印象を持たれません。

しかし、前下がりボブと同様、毛先に重さを残すと顔と頭全体が大きく見えるので、毛先は軽くしておきましょう。

重要なのは前髪とフェイスラインです。前髪の長さは絶対に眉下になるように設定してください。

眉より短い前髪にすると、顔の面積が出すぎてしまいます。

前髪の幅も多くすると、顔でかい事を強調してしまうので、眉頭の幅以上の前髪を作ってはいけません。

おろす前髪を決めたら、徐々に横に向かって長くなるように前髪を作ると、ひし形が強調されて小顔に見えるでしょう。

横におろす髪は少し多めにした方がより小顔に見えるでしょう。

ストレートスタイルでもパーマスタイルでもよいですが、パーマスタイルにする場合は、顔回りにあまりパーマをかけない方が、顔回りが引き締まり、小顔効果が得られると思います。

全くパーマをかけないと、後ろとのなじみが悪くなるので、後ろのパーマよりも緩めのパーマをかけるのをおススメします。

後ろはどの位置からパーマをかけてもかまいませんが、フェイスラインは頬骨以上上からパーマをかけない方が良いでしょう。

【3、ロングヘア】

ロングヘア

ロングヘアはどの髪型にしても顔でかい悩みの解消になるでしょう。

ロングヘアの場合は毛先を軽くしても、軽くしなくても顔に目線が行きにくいので好きな髪型にしてもかまいません。

ただし、前髪は肩下ミディアムと同様で眉より短くしない事が大事です。

幅も多くせず、横に向かって長くなるようにアーチ型の前髪にすると小顔に見えるでしょう。

ロングヘアは結っても顔でかい悩みの解消になります。

顔回り顎の下の長さにカットして、ルーズに残して髪を結います。

アーチ型の前髪でひし形になり、耳前にルーズに毛束を残して結うと、顔に残り毛の影が出て、なおかつスッキリ見せてくれると思います。

ショートヘアは不向き

最も顔でかい悩みを持つ人に不向きな髪型はショートヘアです。

顔をでかく見せないために必要なのは、長さを顎よりも短くしない事です。

髪の毛の面積が少なければ少ないほど、顔のでかさを強調してしまいます。

髪の毛の面積を多くして、目線を顔でなく髪に向けなければいけません。

その為には、顎下以上の長さにして、髪よりも下から顔が出ないようにしなければいけません。

その為顎上の長さのショートヘアは不向きです。

下手な美容師にあたると、「トップを短くして、トップにボリュームを出してひし形の形を作ると顔でかいように見えない。」

というアドバイスをしてくるスタイリストがいますが、それは間違いです。

顔でかい人がトップにボリュームを出すと、美容院のイスに座ってクロスをした状態で顔だけ見ると小顔になっているように勘違いしますが、クロスを取った状態になると顔プラス頭が大きく見えて、全身で見た時にトップが大きく見えてしまいます。

ひし形を作るのは大事ではありますが、あくまでトップにボリュームを出さずにひし形にする事が顔でかい悩みの解消になるのです。

ですから、紹介した3つの髪型も、耳より上からレイヤーを入れてはいけません。

耳より上からレイヤーを入れてしまうと、髪に重さがなくなり、はちやトップにボリュームがでて顔のでかさを強調する事になってしまうからです。

絶対にしてはいけないのは、トップにボリュームを持たせることです。

【ヘアメイク関連記事一覧】

「軸がないのも良いこと」エステに金融・・自分に一番合うものを探し続けたヘアメイクアドバイザー

【ロングの髪型は意外と楽!】ロングヘアの魅力とは!?

【プロのヘアメイクアドバイザーが教える】ヘアアレンジが格段に可愛くなるちょっとしたポイントとは

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう